紙袋の手提ヒモにもこだわりを持とう

   

紙袋製作でこだわるのは、形やデザインだけではありません。手提ヒモにもこだわって作ってみてはいかがでしょうか。
簡単に手提ヒモと言っても、制作会社のサンプルには、種類やカラーが多く取り揃えられています。ポリプロピレンのもの、アクリル布のもの、ハッピータック、平ヒモ、手提ヒモだけでもかなり悩んでしまう人もいるでしょう。会社や商品のカラーに合わせて作るのがいいかもしれませんが、青系、赤系と区別していても僅かな色の差でいくつもカラータイプが用意されています。そのため、本体を選ぶよりも悩んでしまう人もいるかもしれません。
袋は手提ヒモのカラーが違うだけでも、かなり印象が変わってきます。適当に決めるのではなく、こだわりをもってヒモのカラーやタイプを選ぶようにしましょう。

会社によってヒモのタイプなどは違うのか

同じ袋を作る会社と言っても、会社によってそれぞれ特徴があります。材質にこだわる会社もあれば、デザインなどを豊富に取り揃えている会社もあります。それは紙袋のヒモにも同じことが言えます。ヒモに突出した会社というのは珍しいですが、カラーやタイプを多く揃えているところは珍しくありません。単色だけではなく、紙ヒモを3本よったデザイン性の高いものなどもあります。制作会社には、サンプルが多くあると思うので、実際に選んだデザインとヒモでどのようになるのか見せてくれるところもあるでしょう。
紙袋を選ぶ時、一番大切なのは必ず実物でサンプルを見せてもらうことです。写真と実物では雰囲気が違うこともあるので、その辺はきちんと確認しておきましょう。

分からない時はアドバイザーに頼ろう

ヒモと袋の組み合わせは、良いのか悪いのかなかなか素人では判断しづらいところがあります。そういう時は、アドバイザーに頼るようにしましょう。発注をする時、会社にもよりますが担当者がつきます。その担当者が各アドバイザーに依頼者の要望などを伝えていくのです。ヒモと袋、カラーの合わせ方などに不安がある人は積極的に「おかしなところはないか」と担当者、もしくはアドバイザーに聞きましょう。
担当者やアドバイザーも依頼者が満足出来るものを作ることを目指しているので、色の組み合わせがおかしかったりすると、きちんと教えてくれます。袋に入れる商品などについても詳しくは話せなくても、どんなものかを言えば、適したデザインやタイプなどを教えてくれるので、良い袋を制作してもらうためにもどんどん頼ってしまいましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

紙袋の手提ヒモにもこだわりを持とう

紙袋製作でこだわるのは、形やデザインだけではありません。手提ヒモにもこだわって作ってみてはいかがでしょうか。簡単に手提ヒモと言っても、制作会社のサンプルには、種類やカラーが多く取り揃えられています。ポ...

オリジナルロゴを紙袋に印刷しよう

既製品のものを注文しても、会社や商品の宣伝にはなりません。既製品のものよりも、オリジナルのものに会社のロゴや商品名を印刷してもらうことで、初めて宣伝効果を得られるようになります。特に来客に渡す粗品など...

おしゃれな紙袋を使うシーンとは?

結婚式の引き出物など、おしゃれな紙袋を制作する場合もあります。結婚式など、一生に一度の思い出になるビッグイベントの場合は式場と制作会社が提携している場合もあります。おしゃれなデザインのものだけではなく...

オリジナル紙袋を作りたい場合はフルオーダーで

紙袋は、さまざまなシーンで使われます。そのため、他では使われていない完全オリジナルなものが欲しいという人もいるでしょう。そういう場合は、フルオーダー対応をしている企業を探しましょう。デザインをテンプレ...