おしゃれな紙袋を使うシーンとは?

   

結婚式の引き出物など、おしゃれな紙袋を制作する場合もあります。結婚式など、一生に一度の思い出になるビッグイベントの場合は式場と制作会社が提携している場合もあります。おしゃれなデザインのものだけではなく、二人の名前を入れるなど、その時だからこそ作れるものもあります。引き出物用のものは既製品が多く用意されています。カラーやデザインを選び、そこにメッセージや名前を入れる夫婦もいます。式場と提携していて、既製品を使う場合は結婚式費用に組み込まれている場合がほとんどです。しかし、名前やメッセージを入れるとなると追加費用が掛かる場合があるので注意しましょう。一生に一度のビッグイベントだからこそ、凝ったものにしてみるのもいいのではないでしょうか。

企業イベントだからこそ、おしゃれなものを

企業の製品発表イベントなどで、来客に粗品を渡す場合があります。そういう時にも、紙袋は大いに役立ってくれるのです。企業名や製品名をドンと印刷している会社もあります。人間は不思議なもので、目を惹くものは意外と記憶に残る傾向があります。ただし、派手すぎるものになると「シンプルなものにすればいいのに」というよくないイメージで記憶されることがあるので、注意が必要です。そうしたケースも踏まえて制作会社と相談しながら、企業紙袋を作るのが一番いいのではないでしょうか。
制作会社にはそれぞれの工程にアドバイザーがいます。今までの制作実績の話を聞きながら、どういう風にすればいいのかを相談してみてもいいかもしれません。イベントなどで粗品を渡すためのものを作るのであれば、会社や商品の宣伝になるようなものを作ることに重きを置きましょう。

制作実績を見て、じっくり考えよう

どんなタイプのものがいいか悩んでいる人もいます。そういう時は、制作会社のホームページや店内にあるカタログで制作実績を見せてもらいましょう。実績を見せてもらうことで、形やデザインが固まって、依頼者も注文しやすくなる場合があります。注文を受ける会社としても「〇〇のようなものがいい」と明確な参考対象があることで、解釈ミスを防ぐことが出来るため、積極的に制作実績を見せてくるところもあります。
実績が多い会社であればあるほど、選べるパターンも多くなるので、依頼者側にとっても注文しやすいメリットがあります。形やデザインに悩んだ時は「制作実績を見せてください」とお願いしてみることをオススメします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

紙袋の手提ヒモにもこだわりを持とう

紙袋製作でこだわるのは、形やデザインだけではありません。手提ヒモにもこだわって作ってみてはいかがでしょうか。簡単に手提ヒモと言っても、制作会社のサンプルには、種類やカラーが多く取り揃えられています。ポ...

オリジナルロゴを紙袋に印刷しよう

既製品のものを注文しても、会社や商品の宣伝にはなりません。既製品のものよりも、オリジナルのものに会社のロゴや商品名を印刷してもらうことで、初めて宣伝効果を得られるようになります。特に来客に渡す粗品など...

おしゃれな紙袋を使うシーンとは?

結婚式の引き出物など、おしゃれな紙袋を制作する場合もあります。結婚式など、一生に一度の思い出になるビッグイベントの場合は式場と制作会社が提携している場合もあります。おしゃれなデザインのものだけではなく...

オリジナル紙袋を作りたい場合はフルオーダーで

紙袋は、さまざまなシーンで使われます。そのため、他では使われていない完全オリジナルなものが欲しいという人もいるでしょう。そういう場合は、フルオーダー対応をしている企業を探しましょう。デザインをテンプレ...